災害見舞金保障の特約です。地震、噴火による住宅・家財への被害を補償します。

保障該当事故

地震または噴火もしくはこれらによる津波を直接または間接の原因とする火災、損壊、埋没または流失による、経済的損失(地震等が生じた後における事故の拡大防止または緊急避難に必要な処置によって生じた損害を含みます。)

保険対象の住宅・家財の被害
  • 全損

    (または全焼もしくは全壊)

    半損

    (または半焼もしくは半壊)

  • 一部損

    (または一部焼もしくは一部壊)

    床上浸水

お支払について

  • 一被保険者における1回の支払額は保険証券記載の保険金額
    (全損、半損、一部損および床上浸水)を限度とします。
  • 保険期間中の支払限度額は150万円とします。
  • その被害が地方自治体または消防署により全損(または全壊もしくは全焼)または半損(または半壊もしくは半焼)もしくは一部損(または一部壊もしくは一部焼)と被害認定された場合、または床上浸水の場合に保険金をお支払します。
  • 地震等を直接または間接の原因とする地すべりその他の災害による現実かつ急迫した危険が生じたため、建物全体が居住不能(一時的な場合を除きます。)に至ったときは、これを建物の全損とみなして保険金をお支払します。

お支払のご注意点

保険金をお支払できない主な場合

地震等が発生した日の翌日から起算して10日を経過した後に生じた損害に対しては、保険金をお支払しません。

ひとつの事故で「災害見舞金保障」と「地震災害見舞金特約」から重複して保険金をお支払することはありません。